観光する

砂の美術館|全てが砂の彫刻!第11期「砂で世界旅行・北欧編」を楽しんできた

鳥取砂丘の近くには砂の彫刻を展示している「砂の美術館」があります。

ここの彫刻は全ての素材が「砂と水」だけで出来ていて、のり等も一切使用していません。

そんなすごい美術館ですが、毎年定期的にテーマが変わっていて、第11期の今年は「砂で世界旅行・北欧編」です。

砂の美術館に入る

丘の上の駐車場から入場すると、鳥取砂丘が見えます。この日はめちゃくちゃ暑かった。

入場料

入場料は次の通り。

個人 団体(20名以上)
一般 600円 500円
小中高校生 300円 200円

 

第11期「砂で世界旅行・北欧編」を満喫

早速砂の彫刻を見て回ります。

まずは屋外にあったこの彫刻。北欧の動物たちが彫刻になってました。

 

屋外にある彫刻もすごいですが、屋内の方がたくさん彫刻があります。ということで美術館の中に入っていきます。

専用のアプリをダウンロードすると彫刻の解説を聞くことができますよ。

 

ここからは一部ですが、展示物を紹介していきます。

布の質感がすごい。

 

細かいところまでリアルに再現

 

砂で出来た家。

 

めちゃくちゃ迫力があります。

 

表情もリアルです。

 

グリーグ(作曲家)

 

北欧の動物たち

 

冬季オリンピック

 

ノーベル

 

サンタクロース

 

ドールハウスと北欧家具。覗いてるのは少女だけど、最初は進撃の巨人かと思いました。

 

ムンクの「叫び」

 

上からは全体を見渡せる

砂像のエリアの1つ上の階に行くと、全体を見渡せるようになってます。

ここのフロアには、ミュージアムショップ(お土産屋さん)や、過去の砂像のパネル展示等もあります。

滞在時間は30分~1時間くらい

細かいところまで見るともっと時間がかかるかと思いますが、全体を一通り見ても30分~1時間くらいで周れました。鳥取砂丘を観光した後でも十分寄れる時間はありそうです。

一方で休憩スペースもあるので、長く彫刻を堪能したい人にもおすすめです。

年始あたりまでやっているので、ぜひ行ってみて下さいね。

施設の情報・アクセス

住所 〒689-0105 鳥取県鳥取市福部町湯山2083−17
アクセス JR鳥取駅から車で約15分
展示期間 2018年4月14日(土)~2019年1月6日(日)
営業時間 平日、日曜日:午前9時〜午後6時(午後5時30分最終入場)
土曜日:午前9時〜午後8時(午後7時30分最終入場)
入館料 個人:一般 600円/小中高校生 300円/小学生未満 無料
駐車場 あり(無料)
HP 鳥取砂丘 砂の美術館

砂の美術館は鳥取砂丘の近くにあります。砂丘に行ったときに寄れますね。
Facebookページ