泊まる

三朝薬師の湯 万翆楼(まんすいろう)|三朝温泉で日帰り入浴!ひとっ風呂浴びてきました。

三朝温泉にある「三朝薬師の湯 万翆楼(まんすいろう)」で日帰り入浴してきました。

万翆楼は三朝温泉の有名な旅館のひとつで、鳥取の旅行雑誌を見るとほとんどの確率で載っていたりします。今回は泊まる時間がなかったので、日帰り入浴で旅館の雰囲気を味わってきました。

泊まる予定はないけど三朝温泉のお風呂を体験してみたい、という方は参考にしてみて下さいね。

見た目はこんな感じ

旅館の前に大きく「万翆楼」とあるので分かりやすいと思います。

フロントで入浴料を払ってお風呂向かう

万翆楼の日帰り入浴料は次の通り。

入浴料:大人/1,000円 小・幼/500円
入浴時間:15時~21時
※入浴料と時間は行った時点でのものです。

フロントで料金を払ってお風呂へ向かいます。

大浴場と書かれた案内があるので、それに沿って進んでいきます。

お風呂までの道のりは割と長め

旅館は大きいので、お風呂へ向かうまでの道のりは割と長めでした。途中で寄り道したっていうのもありますが。

▼まず向かう途中にあったものが料亭。

 

▼屋内なのに、まるで屋外の建物があるような作りになっていました。(一度はここで料理を食べてみたい)

 

▼料亭の写真を撮るために少し道を外れたので、戻ってまた進みます。

 

▼進んでいると仏像のようなものが。

 

▼また仏像の横には「飲泉」がありました。文字通り飲める温泉なので、コップ1杯いただきました。

この場所を過ぎたら大浴場に到着です。

露天風呂と内風呂あり

お風呂は内風呂と露天風呂がありました。源泉かけ流しということもあって、露天風呂は少し狭かったです。ただ、雰囲気があって日帰りでしたが十分くつろぐことができました。

ちなみにタオルは置いてあったので手ぶらでも大丈夫でした。

風呂上りはロビーで少しくつろぐ

サッと帰るのももったいなかったので、ロビーで少し座って休憩してから帰りました。

 

▼お土産も売っていたのでここで買うのもアリですね。

旅館の情報・アクセス

住所  〒682-0122 鳥取県東伯郡三朝町山田5
アクセス  JR倉吉駅から車で約20分弱
入浴料(日帰り入浴)  大人/1,000円 小・幼/500円
入浴時間
(日帰り入浴)
 15時~21時

万翆楼は三朝橋の前にあります。目立つ場所にあるのでぜひ行ってみて下さいね。
Facebookページ