暮らす

鳥取の方言|実際に使うものを中心に品詞別にまとめました。方言だと思ってないものも意外にあるもんですね。

 

鳥取の方言についてまとめてみました。

方言なのでニュアンスを説明するのがけっこう難しいんですが、だいたいこんな感じなんだなぁ~と思ってもらえれば嬉しいです。

名詞・動詞系

いけん ダメ。○○してはいけない。
親が子供に使ってることが多い。
いらん 要らない。
親からの仕送り、よくわからないお菓子をすすめられたときに使う。
いんでくる 帰って(いんで)+来る(くる)。一回家に帰ってから戻ってくる。
使えるとかなり便利。
おおばえ 大慌て。
いきなり人が来て、部屋を片付けないといけないときに使う。
おせ 大人。
親戚のおじさん、おばさんに言われることが多い。
カットバン ばんそうこう。
関西でも使うらしい。
ごっつぉ ごちそう。
何かのお祝いのときの食卓を見ていう言葉。
たばこ 休憩。
農作業しているときによく使う。必ずしもたばこを吸う訳ではない。
てご 手伝い。
手わやく 手をいじること。
学校の授業中に注意されていることが多い。
やいと お灸。
親が子供を起こるときの脅し文句として「やいとするよ」と使う。でも最近ではあまり聞かない。
ようたんぼ 酔っ払い
酔っ払い本人が使うことが多い。
すかる もたれかかる
方言と思ってなくて、普通に使ってしまう人がけっこう多めな方言

 

形容詞系・形容動詞・副詞・連体詞系

ああにい あのように
あがな あのような
えっと たくさん
がいな 大きな
「がいな祭り」「ガイナーレ鳥取」は多分ここが由来となっている
さぶい さむい
さむいよりは寒さ具合が伝わる感じ
しょうから いたずら、ちょっとした悪さ
しょうから坊主と使われることがある。サザエさんのカツオみたいなイメージ
しわい しわしわで噛めない
例)この肉めっちゃしわいわ~
たいぎい めんどくさい
他の県でも使われていて、普通に通じることもある
ひんがわりぃ (きちんとしてなくて)恥ずかしい
服装が乱れていたり落ち着かない行動に対して使う
やおい やわらかい
よーけ たくさん
「えっと」と同じ。どうやって使い分けているのかよく分からない。
えらい 疲れた。しんどい。体調が悪い
他の県でも通じることがある
きがわるい うるさい
怒るときの最初のフレーズはだいたいこれ
きょうとい こわい
ちぃとわて 少しずつ

 

感動詞

いいがん いいじゃん。ええやん。同意するときに使う
だんだん ありがとう。
リアルで聞いたことはないです。
なんだいや? 何ですか?どうしたのですか?
少し怒ってるニュアンスがあるので、むやみやたらに使わない方がいいと思う言葉
ばんなりまして こんばんは
夜、近所の人が家に来たときに使う

 

語尾

~かぁ?
かぁ
ですか?(~かぁ?)、そうですか(かぁ)。質問の最後につけたり、納得したときのリアクションで使う。
若い人のほうが使っている方言
○○だけぇ、 ○○だから
だら? でしょ?

だっちゃは使わない?

よくテレビを見ていると、「○○だっちゃ」という方言が紹介されていることがあります。ラムちゃんみたいでかわいい!って言いたいところですが、自分は実際に使っているところを見たことがありません。

使っている人もいる(いた)みたいですが、鳥取の人みんなが「だっちゃ」と使うと思っているとガッカリしちゃいますよ(笑)

まとめ

今回は鳥取の方言についてまとめてみました。

ここに載せられていないものもまだまだたくさんあるので、随時追加していけたらいいなと思ってます。

あわせて読みたい
一生行かない気がする都道府県ランキングで鳥取が3位に。島根は4位で山陰としては残念な結果に。 ニュースサイト「しらべえ」が行った調査によると、「一生行かない気がする都道府県ランキング」で鳥取が3位に選ばれました。ちなみに島...
Facebookページ